【故郷で兼業したい人、必見】都心で働きながら、地方の企業でも兼業するには? 「ふるさと兼業」で探せます

 

こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。

今は、都心部で働いているけれども、いつか故郷に戻って、地域を盛り上げる仕事をしたい――。そう考えている人は、少なくないでしょう。

しかし、今の仕事を辞めて、故郷に帰る、となると、なかなか踏ん切りがつかないものです。独身ならともかく、家族がいるとなると、ますますハードルが高くなります。
でも、あきらめたくないですよね。

そんな人は、「ふるさと兼業」(https://furusatokengyo.jp/をチェックすると、自分に合った兼業先・プロボノ先が見つかるかもしれません。

「シェアプロ」で手ごたえを感じ、兼業プログラムを拡充

「ふるさと兼業」は、さまざまな地域で募集している兼業プログラムを見つけられるウェブサイトです。2018年9月に立ち上げられました。

同サイトを運営するのは、NPO法人G-net。
2001年に、「岐阜を元気にしたい」というコンセプトで立ち上げられたNPOで、
現在は、大学生を対象にした、6カ月以上にわたって企業で実践体験をおこなう「ホンキ系インターンシップ」や、中小企業の右腕に特化した就職採用支援事業「ミギウデ」を展開。

さらに、ホンキ系インターンシップで培ったノウハウを生かし、2017年からは、社会人向けのインターンシッププログラム「シェアプロ」をおこなっています。(※シェアプロについては以下リンクの記事で)

「試験的にシェアプロをおこなったところ、手応えを得たので、社会人向け兼業プログラムを拡充することに。それらの情報を得られるポータルサイトとして、ふるさと兼業を立ち上げました」
と話すのは、G-net代表理事の南田修司さんです。

G-net代表理事の南田修司さん

北海道から関西まで、各地の兼業プロジェクトがある

「ふるさと兼業」のサイトをのぞいてみると、プロボノや兼業ビジネスパーソンを募集しているプロジェクトの情報が複数載っています。

G-netは岐阜のNPOですが、プロジェクトやイベントは北海道から関西まであります。
「岐阜以外のイベントに関しては、各地のNPOと連携し、そのNPOの皆さんに運営をお願いしています。G-netは岐阜を元気にするための団体ですし、私たちが大事にしている参加者の方や受け入れ先へのフォローは、その地域の方でないと手厚くできない。だから、信頼できるNPOの方を探して、託しています」

外国人観光客向けプロモーションや、地域の特産品を支える仕組みづくり。何に挑戦する?

具体的にどんな兼業プロジェクトがあるのかというと、この記事を執筆した6月中旬の時点で、以下の募集がありました。

◎世界と日本三景”天橋立”をつなげるコミュニケーション担当を募集!
▼エリア:京都・天橋立
▼業種:土産店・レストラン
▼仕事内容:インバウンド客を対象としたSNSを使った広報とコミュニケーション(英語・中国語・タイ語など)
▼活動のカタチ:宮津本社、東京などで対面ミーティング、オンラインミーティングなどを想定。リモートワークOK。日々メールやチャットでやり取り
▼期間:半年間以上
▼給料:月3~5万円

◎りんごの花が広がる津軽を次の世代に! 「りんご守り人」PROJECT
▼エリア:青森・平川
▼業種:りんごの卸売
▼仕事内容:
①りんご生産者が抱える様々な課題を整理し、りんご販売会社ならではの生産部門の仕組みを創る
②りんごの生産量を安定させ、生産・商品開発・商品化・販売先開拓・販売・プロモーションまでを一体化するための、「人材確保育成と教育事業」のグランドデザインを描く
▼活動のカタチ:年間10回ほど現地を訪問。
▼期間:1年以上
▼給料:成功報酬のほか、宿泊施設やりんごなど。交通費は限度額内で助成

◎知られざる地場企業の魅力を照らしていく、 ブランディングプロジェクト
▼エリア:愛知・名古屋
▼業種:広告制作、企業採用ブランディング
▼仕事内容:地場の企業との接点づくりから、その企業を魅力的に表現するコミュニケーションツール(WEBなど)づくりまで
▼活動のカタチ:勤務時間・場所・期間は自由
▼給料:完全歩合制

これらは数カ月単位の兼業プロジェクトですが、過去には「旅×兼業」をテーマとした1泊2日のプロジェクトもありました。また、「シェアプロ」の開催情報もこちらのサイトに載るので、兼業するチャンスを探している人は、こまめにチェックすると良いでしょう。


【ふるさと兼業のポイント】
・北海道から関西まで、さまざまな兼業プロジェクト情報が掲載されている
・3カ月限定の社会人インターンシップ「シェアプロ」の情報も掲載される

【問い合わせ先】
NPO法人G-net
TEL:058-263-2162(受付時間 9:30~18:30 土日祝休)
https://furusatokengyo.jp/

杉山 直隆「30歳からのインターンシップ」編集長

投稿者プロフィール

ライター/編集者。オフィス解体新書・代表。
1975年、東京都生まれ。専修大学法学部卒業後、経済系編集プロダクションで雑誌や書籍、Web、PR誌、社内報などの編集・ディレクション・執筆を、約20年ほど手がけた後、2016年5月に独立(屋号:オフィス解体新書)。http://officekaitai.xsrv.jp/ 2017年8月に本サイトを立ち上げる

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ★明日10/11の「30歳からのスポーツライター」は、予定通り開催いたします。 まだお席があります…
  2. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 歴史ライターって、どんな仕事?…
  3. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 「仕事はあるんですが、人手が足…
  4. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 未経験の仕事に興味があるけれど…
  5. 移住相談は年間1,300件超! 尾鷲が注目を集める理由とは? こんにちは。「30歳からのインターン…

最近の投稿

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。