【国から費用の半分を補助】勤務先を辞めずに、他の優良企業で働ける。「大人の武者修行」事業説明会に行ってきました。

 
名古屋でおこなわれた説明会の様子

「大人の武者修行」の事業説明会が、2017年11月6日(月)に名古屋で開催されていたので、取材してきました。

約100社の優良企業から選べ、最低3日間から働ける

「大人の武者修行」とは、一言でいえば、優良企業で一定期間働ける、社会人向けのインターンシッププログラムです。対象は、サービス業に従事する中小企業の社員。優れたサービスやおもてなしで表彰されている約100社から、希望の企業を選び、最低3日間から働けます。

普通のインターンプログラムと異なるのは、「次世代の経営幹部を育てたい企業のためのプログラム」であること。いま働いている企業の許可が必要であり、研修費や交通費などもいまの勤務先が支払う仕組みになっています。ただ、費用の半分、最大100万円までは国から補助されます。

「大人の武者修行」ホームページは、http://shugyo.jp/

2014年から始まり、100人以上が参加

主催しているのは、公益財団法人・日本生産性本部の「サービス産業生産性協議会」。2014年度から始まり、現在までに100人以上が参加しています。

もっとも、まだ新しい取り組みであることから、「優良企業で働けるといっても、実際どれぐらいのことをさせてもらえるのか」などの疑問を持つ人は少なくありません。その疑問を解消するために、札幌や福岡など、全国各地で事業説明会をおこなっています。

他社の経営者と密接に関わることで、経営を学べる

6日の事業説明会では、事業説明の他、受け入れ事業者と修行経験者によるパネルディスカッションがおこなわれました。
修行経験者は、静岡で観光土産品の開発や「村の駅」の運営などをおこなう(株)TTCの田村典靖さんが登壇。
三重のみかん農園、(株)かきうち農園で2週間働いた経験を振り返り
「県や大学などとのミーティングに同行させていただき、プレゼンをさせていただくなど、社員の一人のように扱っていただけた。そのなかで、垣内社長から、経営者としてどのような考えを元に経営判断をしているかを事細かに聞かせていただき、自社でマネジメントをする上で役立つ、さまざまなことを学ばせていただいた」との手応えを語りました。

大人の武者修行に参加した(株)TTCの田村典靖さん

受け入れ側も、社内に新たな風を吹かせられる

一方、(株)かきうち農園の垣内清明さんも、「異業種から新しい人が入ってくることで、マンネリ化していた社内の雰囲気も良くなるし、会話をすることで、逆に『第三者から見ると、こう見えるのか』と気づかせてもらえることもある。互いに勉強になります」と受け入れ側のメリットを語りました。

大人の武者修行の受け入れ事業者である(株)かきうち農園の垣内清明さん

次回の事業説明会は未定ですが、開催が決まり次第、大人の武者修行ホームページで告知される予定です。興味のある企業や人は参加してみてはいかがでしょうか。

◎大人の武者修行・公式ホームページ:http://shugyo.jp/

 

杉山 直隆「30歳からのインターンシップ」編集長

投稿者プロフィール

ライター/編集者。オフィス解体新書・代表。
1975年、東京都生まれ。専修大学法学部卒業後、経済系編集プロダクションで雑誌や書籍、Web、PR誌、社内報などの編集・ディレクション・執筆を、約20年ほど手がけた後、2016年5月に独立(屋号:オフィス解体新書)。http://office-kaitai-shinsyo.blog.jp/ 2017年8月に本サイトを立ち上げる

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 子どもがさまざまな職業体験がで…
  2. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 都会を離れて、農業の仕事をした…
  3. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 「出産や介護でいったん仕事をや…
  4. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 「障害者の自立」や「中山間地域…
  5. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 「30歳以上の人が受けられるイ…

最近の投稿

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。