【10月4日締切】リモートワークできる九州の企業が見つかる。 「福岡&九州の企業と働こう!個人の時代に向けたフリーランス×企業マッチング合宿@福岡・福津市」。2019年10月25日~26日に開催

 
多様な人材活用に前向きな企業と出会えるチャンス
仕事を求めるフリーランス・副業希望者と、人材を探す九州の企業をつなぐ

こんにちは。「30歳からのインターンシップ」ライターの竹中です。

最近では働き方が多様となり、フリーランスとして働く人や、これからフリーランスとして踏み出したい、今の会社を辞めることなく他の会社でも副業をする“パラレルワーク”をしたい、と考える人が少なくありません。

一方、地方では人口減少などにより、企業の人材確保が課題となっています。特に中小企業においては、中核的役割を担える人材の雇用にまで手が回っていない状況も見受けられます。

このような、仕事を求めるフリーランス・副業希望者と、人材を探す九州全域の企業が出会える合宿形式のイベントが、2019年10月25日(金)~26日(土)に開催されます。
「福岡&九州の企業と働こう!個人の時代に向けたフリーランス×企業マッチング合宿@福岡・福津市」https://freelance-fukuokafukutsu1910.peatix.com/)です。

こちらは、令和元年度九州経済産業局における地域中小企業・小規模事業者の人材確保支援等事業のイベント。
地元の経済団体と連携して企画、運営を支援しているのは、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会(以下フリーランス協会)です。

企業はフリーランス活用に前向きだが、どう採用すればいいかわからない

このイベントが企画された経緯について、フリーランス協会に所属し、開催地の福津市への移住者でもある葛谷(かつたに)美里さんにお話を伺いました。
「企業は、多様な人材が活躍する組織づくりに関心を示しています。フリーランスを活用していきたいと考える企業は多く、また自治体からもフリーランス協会にお問い合わせをいただくこともあります。むしろ、優秀な人材ほど、多様で柔軟な働き方を求めてフリーランスという働き方を選択している、と感じている経営者もいます」

ところが、フリーランス人材の活用は進んでいないのが現状でした。
多くの企業は活用したいと思うものの、いざ採用するためにはどうすればいいのか分からず、ハードルを高く感じていることが分かりました。そこで、企業と人材が出会えて、互いの理解を深められる場をつくろう、とフリーランス×企業マッチング合宿が企画されました」(葛谷さん)

福津市の宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)

宮地獄神社は、夕陽が参道の延長線上に沈み「光の道」を作り出すことで有名

おおむね20~30歳代の人なら参加OK。フリーランス・兼業人材を求める企業の経営陣と触れ合える

合宿に参加する企業は、九州全域の企業で、業種はさまざまです。社長か経営陣レベルの方が参加するので、合宿を通じて、企業の代表者の人柄を知ることができます。

一方、募集対象者はおおむね20~30歳代の人九州以外に住んでいる人でも参加可能です。移住希望者はもちろん、他地域に住んでリモートワークで働きたいという人、2拠点で働きたいという人も歓迎しているそうです。
とくに企業が求めているのは、Webに関する職種や、システムエンジニアなどの職種。また、広報、人事、マーケティングなどのビジネス系職種です。ビジネス系職種は、中小企業が力を入れたくても後回しになりがちな、人事制度や採用を補強してくれる方を期待しています。そして、コミュニケーションスキルのある方が求められています」(葛谷さん)

非日常の合宿形式で、お互いの人柄を理解できた上でのマッチングを図る

合宿が開催されるのは、近年移住者が増えているという福岡県福津市。
福津市は、博多駅からJRで20分ほどと、都市部からのアクセスが便利な地域です。一方で、多様な海岸に恵まれた自然環境であり、特に福間海岸は、白い砂浜に青い松並木が続く景勝地として知られます。

南の島のようなリゾート地にあるカフェで合宿がスタート

1泊2日の合宿プログラムの、1日目のテーマは“業務マッチング”。ランチを伴った「フリーランスと企業の自己紹介タイム」からスタートし、福津市副市長とフリーランス協会の代表理事による「二拠点居住、フリーランス・副業の活用事例と可能性を考えるパネルトーク」へと続きます。その後、マッチングの機会となる「ワークショップ」が行われます。

2日目のテーマは“働く・暮らすの価値観マッチング”。朝は福津市の津屋崎エリアを実際に歩いてみます。散策後、津屋崎エリアのまちづくりの立役者「津屋崎ブランチ」の山口覚さんのもと、働く・暮らすの価値観をテーマにしたワークショップが開かれます。

非日常のマッチング合宿を通して、人柄を含めてお互いを知ってもらうことにより、この仕事をこの人にお願いしたい、この人と仕事をしたい、という思いが生まれるはずです。そこから新たな仕事が生まれることも期待しています」(葛谷さん)

移住者と居住者が一体となってまちづくりをおこなう津屋崎エリアを散策

プログラムを通して、企業経営者と参加者が「一緒に働きたい」と意気投合したら、あとは双方がどのように仕事をするかを相談し、仕事を進めていきます。
フリーランスと企業がお互いに理解を深められると同時に、福津市の良さを存分に味わえる、充実した2日間になること請け合いです。

参加費は宿泊先・食事が用意されて、7000円程度

参加費は、宿泊先・食事が用意されて7000円程度。当日現金払いとなります。4~5名の相部屋となるので、1人部屋を希望する場合は自己手配が必要です。
集合場所は、福岡県福津市のJR福間駅。往復交通費は自己負担となります。

応募〆切は10月4日(金)と迫っているので、興味のある人は、早めに以下のホームページにある申し込み方法を参考に、申し込んでみてください。
https://freelance-fukuokafukutsu1910.peatix.com/

【「フリーランス×企業マッチング合宿」のポイント】
・2019年10月25日(金)~26日(土)に開催
・合宿のプログラムを通して、人材と企業のマッチングが期待できる。
・移住者の多い福岡県福津市の良さを体感できる。
・おおむね20~30歳代の方が応募可能
・参加費7000円程度。現地との往復交通費は自己負担
・申し込みは、Peatix(https://freelance-fukuokafukutsu1910.peatix.com/)より

【主催】
九州経済産業局
【問い合わせ先】
(一社)福岡中小企業経営者協会
092-753-8877
crerea@chukeikyo.com

竹中唯

竹中唯ライター

投稿者プロフィール

7年間の会社勤めの後、ライターとして長野県を拠点に活動。
長野県生まれ。長野県松本県ヶ丘高等学校・信州大学人文学部卒。
2012年、社会保険団体入職。2016年、一般企業入社。
2019年、フリーライター/フォトグラファー活動開始。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 2000人以上を取材した著名メ…
  2. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」の杉山です。 日本マイクロソフト、アクセンチュア、…
  3. ほとんど不可能に思えることを実現できたのは? こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の…
  4. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 「インタビュー取材もできるよう…
  5. ★明日10/11の「30歳からのスポーツライター」は、予定通り開催いたします。 まだお席があります…

最近の投稿

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。