【累計30人が参加。再就職した人も】復職を考えているママが肩慣らしできる「春日井市のママインターン」。2018年度も実施されます

 
製造業でのインターン風景。ハーバリウム(植物の標本)を製作。乾燥ポプリとオイルを瓶に詰めている

 

こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。

昨年ご紹介した愛知県春日井市の「ママインターン」。

出産や育児などで離職したけど、落ち着いたので、再び仕事を始めたい。でも、いきなりバリバリ働くのはちょっと不安だなぁ……というママのために、2カ月限定で、週2回、民間企業で働ける(職場実習)というインターンシッププログラムです。

情報誌編集部でのインターンの様子。こちらでは、主に読者アンケートの集計・PC入力や読者プレゼントの発送作業に取り組んだそうです

勤務時間も9~15時の間の4時間と、幼稚園のお迎えの時間に間に合うようなスケジュールなので、保育園だけでなく、子供が幼稚園に通っているママも、参加できます。

2016年から始まり、2年間で30人のママ(30~50代)が参加。この体験をきっかけに、再就職を決めた人もいるそうです。

実習期間中におこなわれる「中間報告・交流会」では、インターン参加者同士が、互いの生活の変化や実習の様子などを共有し合う

このように、復職を考えている春日井市のママの力になっていることから、2018年度も開催されることが決まりました。

事前に、先輩ママとの交流会で、不安を解消できる

基本的な内容は、前年と同様ですが、
今回、新たにはじまったのは、ママインターンを経験した先輩ママとの交流会
「生活と仕事は両立できたのか」「子供は、ママがいない生活に、すぐ対応できたのか」など、ママインターンを始めるにあたっての心配事をあれこれ解消することができます。

ママインターンの交流会は
2018年6月29日(金)と8月21日(火)の10:00~11:30に、春見町のささえ愛センターで開催。

また、ママインターン募集説明会は、
2018年7月13日(金)と9月4日(火)の10:00~11:30に、同じく、ささえ愛センターで開催されます。

職場実習自体は、2018年10月~12月の間におこなわれる予定です。
今回も、幼稚園やホテル、印刷会社、アパレル、喫茶店、自動車販売店など、さまざまな受け入れ先が揃っているそうです。

「まずは交流会に気軽に参加いただくことで、先輩ママの経験や考えに触れていただければと思います」(事業委託先のNPO法人あっとわん・出井英美さん)

春日井市に住んでいて、復職しようかなと考えている子育て中の女性は、活用してみてはいかがですか?


【春日井市ママインターン・ポイント】
・復職を考えている春日井市のママが対象
・2カ月限定で、週2回、民間企業や公的機関で働ける。1回4時間程度
・職場実習後、その企業との合意があれば、そのまま就職も可能(ただし、市はあっせんしない)
・6月と8月に、先輩ママと話せる交流会がある

【問い合わせ・申込み先】
■NPO法人あっとわん(春日井市より運営を委託)
TEL:0568-92-5481
春日井市URL:
http://www.city.kasugai.lg.jp/shisei/seisaku/seisaku_sonota/1006053/1006058.html
あっとわんURL:https://npo-atone.jimdo.com/

杉山 直隆「30歳からのインターンシップ」編集長

投稿者プロフィール

ライター/編集者。オフィス解体新書・代表。
1975年、東京都生まれ。専修大学法学部卒業後、経済系編集プロダクションで雑誌や書籍、Web、PR誌、社内報などの編集・ディレクション・執筆を、約20年ほど手がけた後、2016年5月に独立(屋号:オフィス解体新書)。http://office-kaitai-shinsyo.blog.jp/ 2017年8月に本サイトを立ち上げる

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 北海道での農業就労や移住に興味…
  2. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 昨日、新興国の社会課題の現場に…
  3. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 社会人向けのインターンシップは…
  4. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 北海道での農業就労や移住に興味…
  5. こんにちは、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山です。 北海道での農業就労や移住に興味…

最近の投稿

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。