人生100年時代をどう生きるか? ライフシフトのはじめの一歩! 30歳以上の人が未知の仕事を試せる社会人向けインターンシップ(就業体験)情報を発信するサイトです。

タグ:就業体験

人生100年時代、ライフシフトのはじめの一歩。「30歳からのインターンシップ」は30代~70代が参加できる社会人向けインターンシップの情報サイトです

はじめまして、「30歳からのインターンシップ」編集長の杉山直隆です。 「30歳からのインターンシップ」は、働き盛りの30代~シニア世代の70代が未知の仕事を体験できるインターンシップ(就業体験)などを取材し、カテゴ…

詳細を見る

『週刊東洋経済』2018年2月19日発売号で、「会社を辞めずに異職種体験」を執筆しました

当サイト編集長の杉山が、本日(2月19日)発売の『週刊東洋経済』の第1特集「ライフ・シフト 学び直し編」で、「会社を辞めずに異職種体験 他社留学という手も」を執筆しました。 https://store.toyokeizai.net/m…

詳細を見る

【70歳以上も多数参加。初年度から73人が就職内定】3~5日間試しに働き、体力などの不安を解消した上で、再就職先を決められる。埼玉県の「シニアインターンシップ」

60、70歳代だけれども、体はまだまだ元気いっぱい。自分が役に立てる職場があれば喜んで働きたいというシニアの人は、たくさんいるのではないかと思います。 しかし、その一方で、「この年齢で受け入れてもらえるのか」「体力的に…

詳細を見る

【年齢・ブランク不問】出産や介護などで離職した女性が参加。日本マイクロソフトの「リターンシッププログラム」説明会レポート

日本マイクロソフトの「リターンシッププログラム」は、出産や介護、ご主人の海外赴任などで離職した女性に、復職の道を拓くインターンシッププログラム。3~6カ月間、有給のインターンとして働いた後、参加者と会社が互いに合意すれば、そのままマイクロソ…

詳細を見る

【『大人の武者修行』体験談】「マンツーマンで経営者の考えを濃密に学べたのが、私の財産です」~(株)TTC・田村さん~

会社をやめずに、異業種の企業で3日~数カ月間にわたって働くことができる「大人の武者修行」。具体的なメリットを知るには、実際に体験した人に聞くのが一番です。そこでご登場いただいたのが、三重県のかきうち農園で約2週間の武者修…

詳細を見る

【体験談】「3日間の体験によって、ブランディングの仕事がわかり、就職にもつながりました」~『おためし転職』を体験して~

仕事旅行社が手がける「おためし転職(旧名称:おとなのインターン)」とは、社会人が会社を辞めずに受けられるインターンシップ。数日間~数カ月間の職場体験ができる上、参加者と企業の合意があれば、採用面接も受けられます。その魅力について、むすび(株…

詳細を見る

【年齢不問。40社から選べる】会社を辞めずに異業種の仕事に触れられる「おためし転職」。希望者は採用面接も

未経験の仕事に興味があるけれども、今の会社をやめてまで飛び込むのはさすがにリスクが高い。転職を考える前に、ちょっとだけ試してみたい――。 そんなニーズに応えようと、(株)仕事旅行社が手がけているサービスが「おためし転職」。2017年4…

詳細を見る

【今年度は2018/1/31〆切】今の会社を辞めることなく、他の優良企業で武者修行。「大人の武者修行」は社会人を鍛えるインターンシップ

今の会社を辞めることなく、さまざまな表彰を受けている優良企業で数日~数週間働くことができる。異業種のノウハウを学び、柔軟な思考を取り戻すことができる――。 そんな経験ができる社会人向けインターンシッププログラムが「…

詳細を見る

『東洋経済オンライン』で「社会人インターンシップ」に関する記事を執筆しました

『東洋経済オンライン』で執筆させていただいた、「社会人インターンシップ」に関する記事が、本日アップされました。 http://toyokeizai.net/articles/-/203814 ◎日本マイクロソフトの「リターンシッププ…

詳細を見る

【年齢・ブランク不問。2018/1/20に説明会】出産などで離職した女性に、復職のチャンスを! 日本マイクロソフトの「リターンシッププログラム」

日本マイクロソフトは、2018年2月より、出産や介護、ご主人の海外赴任などで離職した女性を対象にした、「リターンシッププログラム」を始めることを発表しました。 3~6カ月間、有給のインターンとして働いた後、マイクロソフトに就職できる …

詳細を見る

取材にうかがいます!

「30歳からのインターンシップ」では、全国でおこなわれている社会人向けインターンシップについて取材し、レポートをしていきます。掲載料などの費用はいただきません。「うちの取り組みについて取材してほしい!」という企業・団体の方は、以下の問い合わせフォームよりお声がけください。

アーカイブ

運営者情報・問い合わせ

Twitter